★医学部の偏差値が上昇している要因とは!?★

医学部の入試の人気は著しく、2016年には東海大学医学部の志願者倍率が80倍を超えたことでも話題になったほど加熱しています。近年は医学部定員数9000名程度に対し、志願者は約14万人にも及ぶとされています。倍率でいえば約15倍と、どれだけ医学部の人気が高いかが分かるのではないのでしょうか。人気が高くなればもちろん偏差値も高くなります。ここ20年で医学部の偏差値は大きく上昇しており、東大合格レベルの学力が必要になってきています。なぜ医学部の偏差値がここまで伸びているかというと、医師という職業の安定性があげられます。今は、大企業でも倒産やリストラ行われる時代です。医師なら高い報酬と地位が約束されています。勤務医でも平均年収は1000万円を超え、70歳まで働くことだって可能です。公務員の最難関である国家総合職も食いっぱくれることはありません。ただし、医師と比較すると報酬は見劣りしてしまいます。先行き不透明な今だからこそ医師という職業に魅力を感じる人が増えているのです。次に、医学部を目指せる層が増えたことも要因となっています。今までは、私立大学医学部は高額な学費が必要になるためサラリーマン家庭は国公立医学部を目指していました。そして、私立の医学部は親が経営者や医師など富裕層の家庭に限られていました。しかし、順天堂大学医学部が数百万円規模で大幅に学費の値下げを実施したのを皮切りに多くの私立医学部が追従しました。この結果、6年総額が4000万円程度かかるのが一般的だったのが、2000万円台前半で学べるようになっています。つまり、サラリーマン家庭でも私立医学部が目指せるようになり、他学部や国公立医学部を志望していた受験生が私立に流れ偏差値の底上げが起きました。これにより、今では私立大学医学部でも早慶理工レベルの学力、つまり偏差値60以上が要求されるようになっています。医学部を志望する場合は、偏差値や学科試験の配点比率など確認し、合格できる可能性が高い大学を選ぶのが短期合格への近道となります。

医学部の難易度を徹底比較!はコチラ

★個別指導塾を選ぶなら比較サイトや資料請求サイトを使うべき?★

個別指導塾に人気増加に伴い、少子化にもかかわらず多くの教室が開校されています。なぜここまで個別指導塾の需要が高いかと言うと、一人っ子の家庭が増え子供一人にかける養育費が上がっていることがあげられます。個別指導塾は講師が生徒を直接指導できるため、授業料は高めですが、その分手厚い指導が受けられるため保護者からの満足度が高いことがあげられます。また、講師に積極的に質問できなかったり、勉強の方法が分からない生徒でも、講師が自分だけの指導時間を設けてくれるので質問も自然とできるようになったり、復習・予習のやり方も一から教えてくれるので学習効果が高いと評判です。そんな個別指導塾ですが、現在は多くの教室が開校されているので、選択肢が多過ぎて逆にどの教室が良いか悩んでしまいがちです。そんな沢山ある個別指導塾の中から自分が理想とする教室を見つける方法としては、資料請求サイトや比較サイトなどがあげられます。資料請求サイトは全国から最寄りの教室が見つけることがかのうで、資料も一括で請求できるので個別に問い合わせる必要がなくて便利です。いっぽう、比較サイトは、地域はもちろん、授業料や受験対策など様々なポイントで個別指導塾を比較しているので、自分が望む教室がみつけやすくなります。比較サイトの場合、各教室の特徴が把握できるのでメリット・デメリットを理解してうえで選ぶことができます。ここでおすすめする「個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方」でも、様々な視点で教室を解説しています。ランキングでも評価付けしているので上位の教室は資料請求や体験授業に参加してみて、その中から相性の良い教室を見つけると良いでしょう。

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

URL:xn--2vq04ck9ih3d88k.biz